CharcoalPHPは、イベント/タスクアーキテクチャによりWebページのみならず、Webサービスやコマンドラインツールの作成も可能にする汎用アプリケーション・フレームワークです。

Framework Flow Digest

Framework Flow Digest

SOLID原則

CharcoalPHPはSOLID原則を原則として採用しています。

特徴

  • イベント/タスクアーキテクチャによる柔軟なロジック分割
  • インタフェースによる実装の分離(ロジックの動的な差し替え)
  • 設定ファイルによる、オブジェクト/コンポーネントの柔軟なカスタマイズ機能
  • 例外ハンドラによる高度な例外処理機構

動作環境

CharcoalPHPはPHP5.2以上で動作します。

ライセンス

CharcoalPHPはMITライセンス(http://www.opensource.org/licenses/mit-license.php)の元自由に配布、改変できます。

最新版のダウンロード

Download stable v2.22.6

2013/10/7時点での最新版は「2.22.0」です。

過去のバージョンはこちらからダウンロードできます。

または、Gitを導入している方はGitHubからもソースコードを入手することができます。

https://github.com/stk2k/charcoalphp2

チュートリアル

http://charcoalphp.org/category/manual/tutrial/

フォーラム(Forum)

http://charcoalphp.org/forums/

charcoalphp.orgでは協力者を募集しています!

CharcoalPHPでは以下の協力者を募集しております。

  • フレームワーク開発者
  • ドキュメント執筆者
  • ドキュメント翻訳者(特に日本語⇒英語)
  • サンプル作成者
  • 応用事例作成者
  • charcolphp.orgホームページデザイナ
  • charcolphp.orgロゴデザイナ

応募、お問合せ等は、こちらからお願いします。
お問合せフォーム


Pocket