トップページ > 2. マニュアル > 2.1. チュートリアル > チュートリアル(1) hello :Hello,World

チュートリアル(1) hello :Hello,World

チュートリアル(1):Hello,World

用意するもの

 CharcoalPHPで最も簡単なアプリケーションを作ってみましょう。用意するものは

  1. PHPが動作するWebサーバー(Apacheなど)
  2. CharoclaPHPの配布パッケージファイル

の2つになります。
1はWindowsやLinuxではxamppを使うとすぐに環境を構築できます。2はDownloadsから最新版をダウンロードできます(ファイル名はcharcoal_vX.X.X.zip)。

フレームワークソースファイルの設置

 ダウンロードしたCharoclaPHPの配布パッケージファイルを展開して、Webサーバに配置してください。レンタルサーバに配置する場合はCharcoalPHPのソースがブラウザから見えないように、公開ディレクトリ以外の場所に置くのがいいでしょう(CharcoalPHPの設定ファイルにはデータベース接続時のパスワードなどがテキストで書かれているため)。

 ここでは以下のように配置したとします。

WebサーバのDocumentRootを設定する(オプション)

 ファイルの設置が完了したら、WebサーバのDocumentRootを「/charcoal_root/sample/public_html」に変更します。レンタルサーバに設置する場合など、DocumentRootを変更できない場合はこの作業はしなくて構いません。その場合、/charcoal_root/sample/public_html以下のファイルをドキュメントルートにすべてコピーしてください。

index.phpを編集する(オプション)

 次に、/charcoal_root/sample/public_htmlの下にある「index.php」というファイルを編集します。下の表を参考にしながらCharcoalPHPのフレームワークソースコードを設置した場所、DocumentRootの設定によって適宜設定してください。
(ローカルで実行する場合でDocumentRootを「/charcoal_root/sample/public_html」に設定している場合は修正の必要はありません)

定数名 必須 設定する内容
CHARCOAL_RUNMODE http
CHARCOAL_PROFILE ソースコードを配置したサーバのドメイン名(localhostなど)
CHARCOAL_BASE_DIR × 基準ディレクトリの場所(以下の設定で使用することができます)
CHARCOAL_HOME CharcoalPHPのフレームワークソースコードを設置した場所
CHARCOAL_WEBAPP_DIR アプリケーションの配置場所
CHARCOAL_PROJECT アクティブなプロジェクト名
CHARCOAL_APPLICATION アクティブなアプリケーション名
CHARCOAL_DEFAULT_TIMEZONE デフォルトタイムゾーン(参考)

ブラウザで http://localhost/ にアクセス

ブラウザに「Hello,World!」と表示されれば「Hello,Worldサンプル」の設置は完了です。

Pocket

Comments are closed.